4〜6月期のドラマの、かんたんレビュー(2021年)

4〜6月期のドラマの、かんたんレビュー(2021年)

お久しぶりです、塩辛とんぼの2号です。(2号って誰やねんって方、すいません。あの塩辛とんぼの、2号です)

 

最近、Netflixを見だしてから、録画したり次の回(来週)まで待つのがかったるくなってしまいました。

ただ、そんな中でも4〜6月期も何作かはテレビドラマ見ていましたので、簡単にレビューします。

 

『リコカツ』

リコカツは、主人公二人が離婚するまでは切なくワクワクしたけど、両親の離婚理由もパッとしなかったし・・・。

特に紘一の母の場合、考え甘いんじゃないのって思ってしまったし・・・。

取り柄ない、備えてない、今までどうしてた(宮崎美子さん、ごめんなさい)

振り返ってみると、北川景子の麗しさ美しさと、瑛太の圧倒的な魅力で、最後まで楽しめたって感じかな。

恋敵役がちょっと、物足りなかったな。主人公二人が素敵すぎたってことだね。

考えてみると、基本的に恋愛ドラマが好きではない。くっついた、離れた、どうでも良いって思っているから。

米津玄師の主題歌・・・。やっぱりアンナチュラルの『lemon』のインパクトが大きかったし、MIU404の『感電』のノリノリな感じも好きだったから、ハードルが上がっちゃったかなぁ・・・。「ずっと〜」の部分が聞いてて不安になっちゃうんだよねぇ。その前後は良いんだけど 苦笑

 

『イチケイのカラス&生きるとか死ぬとか父親とか』

2号はお仕事ドラマが好きなので、イチケイのカラス、生きるとか死ぬとか〜、は楽しめました。もしかしたら、イチケイのカラスは浮世離れしている話なのかもしれないけど、多分まったく現実的ではないのだろうけど、楽しめました。

ただ黒木華の髪型がちょっと不満だった。もっと可愛いのにって思った。竹野内豊がすごーく良かった。(顔もだけど、やっぱり声が良いよね)脇役さんたちが芸達者揃いで味があって、安心して楽しめた。

生きるとか〜は、ラジオの収録のシーンが好きだった。田中みなみも、すっきりした雰囲気で良かった。テレ東は曲の選曲がいいよね。ドラマを引き立ててた。

父親が浮気して母親が苦しんでというのは、余り好きではない。いつも「源氏物語」を見なさい!って思ってしまうから。魅力のある人間(女性も含めて)を結婚によって、独占できると思うなって、思ってしまうから。好きになってしまったら、自分ではどうしようもないのではって同情してしまうから。

 

だから『レンアイ漫画家』も、題名で引き、冒頭3分でリタイア。

『私の夫は冷凍庫に眠っている』は、斉藤由貴の魅力と映像の美しさで最後まで見た。

本仮屋ユイカも良かった。キレイだった。

 

『大豆田とわ子』

大豆田は、ところどころ見た。

キャストが魅力的だった、ナレーションにもハマった。いいドラマって、俳優さんたちが乗るよね。脚本、面白かったんだろうなって、想像できる。

オダギリジョーがでてきたら、他の元夫さんたち、吹っ飛んじゃった。竹野内豊も良いけど、オダジョーの声もいいなあ・・・。

 

『ドラゴン桜』

結局一度も見なかった。(じゃあ書くなよっ Σ\( ̄ー ̄;))

2号は勉強が嫌いだったから・・・。つまんない授業で起きて座ってないといけないのが、ある意味2号にとっては拷問だった。

視聴率が、っていうけど、スポーツやニュース番組じゃないんだから、ドラマに関しては逆だと思う。好きなドラマはリアルタイムではなく、録画して大切にじっくり見る。どうでもいいドラマは流し見する。

 

なんだかんだ言っても、ドラマは2号の生活の中で大きなウェートを占めています。

既に新しい月9も始まってますしね!

 

ではでは、塩辛とんぼの2号でした。