さよならテレビ

映画

こんにちはお久しぶりです、塩辛とんぼ2号です。
今日は映画「さよならテレビ」のレビューをします。
先週末、観に行ってきました。

 

点数は・・・55点!!

 

東海テレビ制作の、東海テレビが題材のドキュメンタリー映画です。
人に勧めたいとは思わないです。ただ、人の感想は知りたいかもしれないです。
見る前のハードルが少し高かったかもしれないです。
今回はとりあえず、ネットで他の人の感想を見る前に記事を書きます。

この映画を知ったきっかけは、 伊集院光さんの朝のラジオに監督がゲスト出演したのがきっかけです。
テレビ業界に興味があったので、見てみたいと思いました。
小規模公開なので、きっとテレビ業界のタブーを扱っている少し過激な内容なんじゃないかと期待していました。
現在、東京で上映されているのは一館のみです。たぶん。

感想を書きたい!と思うような映画ではなかったのですが、人の感想は少し知りたいと思ったので、自分も少しは書くべきかなと思いました。

 

ーーー今からネタバレを含むので、ご注意を!ーーー

 

 

後味、少し悪かったです(;^_^A

字幕、ナレーションは一切無しだったので、集中して見ないといけなかったです。
音楽は全て暗め。少しおどろおどろしい感じでしたね。

衝撃のラスト!…というより、疑問のラスト!でした。
軽いどんでん返しというか、ネタバラシで終わったんですが、どういう意図でこういう終わり方にしたのか、とても疑問でしたね。
テレビは嘘ばっかだから、信用しちゃいけないってことでしょうか?

「これなんのために撮ってるの?」
って言われたときのディレクター(監督?)の答え方が、フワッとした答えで少し不自然に感じました。
絶対聞かれる質問なんだから、もっと相手に納得してもらえるように答えなきゃいけないんじゃないかな?
わざとか?

それにしても、若手派遣(契約?)記者の渡辺くん、頼りなかったなぁ苦笑
観ていて、もっとハキハキしろ〜!と何度思ったか。周りのお客さんからも苦笑いが起こっていましたね。
ていうか、本当に渡辺くんというのは実在するのかなぁ(;^_^A?
なんかオタクっぽいなぁと思ってたら、案の定ガチのアイドルオタクさんでしたね。
別にアニオタでもドルオタでもいいんだけど、こんなおどおとしていて、コミュニケーション能力がとても必要な記者という職業につけるもんなの?
そして最後の・・・
渡辺くんはお金に困っていたというのは嘘ってこと?
じゃあなんでお金を受け取るシーンを入れたんだ? 渡辺くんのダメっぷりを描くため? 派遣記者の給料は凄く安いんですというメッセージ?
でもじゃあなぜ、最後に自らネタバラシシーンを入れた?

(仮説)実際、渡辺くんは少しお金に困っていた。
『じゃあ僕(監督)がお金を貸すよ。でもその代わり、僕がお金を貸す場面を撮らせてくれないかな?』『派遣の記者の窮状を伝えたいんだよ』みたいに説得したとか?

推測だけど、渡辺くん含めた最後のネタバラシのシーンは監督じゃなくてプロデューサーが内緒で入れ込んだとかw?
でもさすがにそれはないかなぁ、そんなんされたら監督の立場ないもんね(;^_^A

そして最後のネタバレシーンを見せられちゃうと、これはドキュメンタリーと見せかけて、登場人物は全員役者なんじゃないか?とまで思ったよね。
だって私、東海放送見れないからさ、この福島ってアナウンサーも実際にいるのかもちょっと怪しいんだよねw
ストーリー的にも、良くできた、いや出来すぎていたから、ますます実はドキュメンタリーっぽい社会派映画説ありえるよね。
特に、覆面座談会のはずの映像なのに顔が出ちゃっていて、VTR中の女子アナウンサーの「えっ、顔出ちゃってるけどいいの?∑(゚Д゚)」からの、福島アナウンサーが謝るシーン。 凄く見応のある、ドラマのワンシーンみたいだった・・・!
(まあ、長く撮って時系列バラバラにすればドキュメンタリーでも1つのドラマになる、みたいなメッセージもあった気がしたけど)

そして、なぜ3人に密着することにしたのか、その理由が知りたかったなぁ。

そしてそして、東日本大震災の時のセシウムさん騒動。
『私たち東海テレビはきちんと教訓にし、頑張っています!』という東海放送の宣伝映画のような気も少ししたかなぁ。

東海地方に住んでいて、東海放送の番組に慣れ親しんでいる人はまた感想が違うのかなぁ。

「さよならテレビ」というタイトルは、映画を観る前は良いと思ったけど、観た後からだと微妙かな・・・。

 

悪い部分ばかり取り上げて書いちゃったけど、正義感のあるベテラン契約記者は、彼を主役にTBSの日曜劇場が出来そうだと思ったよ。
映画の中でも他の2人に負けないぐらいキャラが立っていて、時々役者さんに見えたよね。

ということで、まとまりがなくてすいません(;^_^A
上映している映画館が近くにない人からしたら、あまりコスパが良くない映画かもしれません。
ただ、観ていて途中で飽きることはなかったですし、少しでもマスコミ関係に興味のある学生などは見て損はないと思います。

そのうち、NetflixやAmazonプライムで配信されるのかな〜? カメラを止めるなみたいに、テレビ放送はないでしょうね・・・≧(´▽`)≦

 

 

クリック応援、よろしゅうたんのんます。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

タイトルとURLをコピーしました