スカーレット 第99回

スカーレット

少しお久しぶりです。塩辛とんぼです。

 

喜美子が頑張るのはわかるけど、薪が高すぎだと思う。

町の人だからかなあ。田舎の人は、何でも自分でやるぞ。
ある物を使う。物があるからやるといっても、過言ではない。
最初から、薪を山で拾ってくればいいじゃん。
薪を拾うの、地主さんが許可しないのかと想像してたよ。信楽の山の事情とか、良く知らないし。

それに、もっともっと穴窯を調べなきゃ。
学ばなきゃ。薪を買ってきて燃せばいいってもんじゃもんじゃないでしょ。

八郎の気持ち、わかる。貯めてからやるべきだと思う。

養わなきゃいけないんだし。子供いるし。

で、やっぱり肝心な見たいところをやてくんない。

八郎が武志とでていくとこ。武志は、泣かなかったんかなあ。
荷物はどれくらいあったんだろう。
八郎の荷物は少なかったのかなあ。
マツと百合子はどうしたんだろう?
明日やるのかなあ。
何で、すっ飛ばすのかなあ・・・。
製作者の方々、自信がないってことなのかな。
題材に真正面から向き合って欲しい!

 

↓私だったらこうする。

武志は黙って淡々と川原家を後にする。
友達のメグミに本音を漏らす。僕が一緒に行かなかったら、お父さん、一人になっちゃうからと・・・。

喜美子は、誰にも何も言わず穴窯に打ち込む。ほとんど眠らず・・・。心の中で密かに、八郎は三津の所に行ったと考えている。

↑こういうのが、私好みです。

 

信作と百合子は良かったけどさ。

「スカーレット」ってスピンオフ風のドラマだと思えばいいんだな。

 

PS 最近、みっきーさんのブログが見られないんだよ・・・。

なんでかなあ。うちだけかなあ。

 

 

 

クリック応援、よろしゅうたんのんます。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

 

タイトルとURLをコピーしました