思い出の「紅白歌合戦」

音楽

*はじめにお断りしておきますが、今年の第70回「紅白歌合戦」の感想ではありません・・・。

昔々、司会者で「宮田輝」という人がおりました。

「おばんです」が口癖でした。

南極の越冬隊員さんたちから「紅白楽しみにしてる」って電報が来てて、宮田輝さんが実直にそれを読み上げ、寒い寒い南極大陸で頑張ってる日本人に思いを馳せ、景色を思い浮かべ、わくわくしたなあ・・・。

ゲスト審査員の豪華な顔ぶれを見てるだけでも、やっぱり、ワクワク!

それは自分のこれからの人生に対してのワクワク感だったのかもしれない。

幼いころは、人生は長く広々していて、何にでもなれるどこにでも行ける気がしてた。

今と違って、昔は流行り歌が、そこかしこに流れていた気がする。みんなで共有してた。今は、イヤホンで個々に楽しんでいるけど。

歌手の方たちも、紅白に出たくて、必死だったような気がする。
見る方も、必死だったような気がする。

今と違って、ビデオもないし。テレビの世界も「一期一会」だった。

でも、昔の方が良かったっていう気はさらさら無いよ。

昔の歌より、今の歌の方が好き。
瑞々(みずみず)しい感じがする。
バンプオブチキンの「天体観測」とか、
マイリトルラバーの「Hello, again」
名曲だよね!
あと「スピッツ」や「the pillows」。

でも、昔の歌は懐かしい。
日本人がみんな必死で、たとえば年賀状を絶対に元日に届けるぞって気概に満ち溢れていた時代。
なんだか、切羽詰まってたみたいな時代。大変だったろうけど。
輝いていたんじゃないかな。

スポーツもビデオで見直して判定するような、今の時代。
昔は、みんなもっと今を大切に生きていたんじゃないかな・・・?

私の思い出の中の「紅白歌合戦」

記憶違いだったら、堪忍な!

 

最後に、「the pillows」のおススメの曲、貼っときます(^-^)/

the pillows / スケアクロウ

the pillows / スケアクロウ

 

クリック応援、よろしゅうたんのんます。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

タイトルとURLをコピーしました