4分間のマリーゴールド 最終回

4分間のマリーゴールド 最終回

終わったね。
終わったよ。

事故を起こした運転手、淡々としてたね。
授業中、居眠りして先生に見つかったみたいな感じだったね。
あんまり、気にしてないみたいだった。

私が見逃したのか?

手とか足とか、ふるえてたのかな。
頭から血を流してたっけ?
見直す気にはなれない・・・。

「すみません。居眠りしてました」って、棒だった。
まあ、現実はそんな感じなんだろうけど。

みんな、淡々としてた。
そういう演出なんだろうね。

琴って子も、最後まで好きになれなかった。

救急隊の同僚の女の子も、苦手だった。

救急隊の職場も、雰囲気良くなかった。
なんか、どんよりしてた。

藍に料理の楽しさを教えたおばちゃんも、なんかウザかった。

・・・誰にも、ときめかなかった。

唯一、テーマ曲、好きだった。麻生祐未は良かった。

自分の好みとか、相性とかあるよね!
私好みではなかったねえ。

でも不快ではなかったから、最後まで見られた。
(すこーし、「同期のサクラ」と似てた設定とこあったね)

「義理の姉」を好きだという後ろめたさとか、自分の超能力に対する恐れとか、大好きな人がもうすぐ死んでしまう、どうしたらいいのか!そういう切実さを生かして、もっともっと素敵なドラマにできたんじゃない?

 

クリック応援、よろしゅうたんのんます。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ