死役所  第8話

死役所  第8話

女の子が、健気でかわいそうだった。
いじめられてる子が、受け入れたくなくて、現実逃避してる感じなのかな。
何も知らず、親ってこんなもんって思ってるのかもしれない。
親でさえこうだから、他人(他の大人たち)は、もっとひどいはずって、思ってるって聞いたことがある。

子役の子、いい役者さんだったね・・・。

で、死役所の画面が暗めなのもそうだけど、死んだときの恰好(怪我とか)で現れるのは、やめたほうがいいなあ。
一瞬、亡くなった時の状態を知らせる(見せる)のはいいけど。
あとは、普通の状態にしてよ。
だって、考えたくないけど、爆発事故に巻き込まれた人とか、どうすんのよ・・・。

全体的に明るい雰囲気にしてほしいな。

聞きかじりだけど、神道のお葬式では、紅白の垂れ幕、赤いスーツを着たりして列席するらしいよ。
よくわからないけど、宗派?によって違うのか?
神になったから、目出たいんだって。
その時、思った。この世は修行の場で、ある意味地獄なんだなって・・。

あのお母さん、子供が死んでも、厄介払いできたって感じだった。
悔い改めることはないんだろうな。
だから、ああいうことができるんだ。
それが現実なんだろうな・・・。

自分がそういう目に合わない限り、わからないのか。
それとも自分もそういう親の元で育てられたのか。

・・・とにかく、松岡君の顔がなあ。
何で、綺麗な顔を隠して、不細工めな不気味めを強調してんの?

演出家のせい?
こういうのって、誰のせいなの?

って、いろいろ書いたけど。
いいドラマだよ!
辛い内容だったりするけど、来週も楽しみ・・・。

 

応援、よろしゅうたんのんます。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ