グランメゾン東京 第7話

グランメゾン東京 第7話

お久しぶりです。2号です。
ブログの引っ越しに悪戦苦闘しておりました。

 

今回のグラメゾでは、相沢(ミッチー)の奥さんが登場しましたね。
娘のアメリちゃんがハーフなので、母親はてっきりゴリゴリの外国の女性なのかなと思ってたのですが、出てきた女性は正直パッとしない見た目で、喋りも全然普通の日本語で、違和感を覚えてしまいました(;^_^A
眉は黒(こげ茶?)なのに髪が明るい茶色で、なんかヤンママみたいというか、カツラを被っている感じに見えました。そのせいでなぜかミッチーまでもパッとしない旦那に見えてきました。黙って家を出た理由もよく分からないし、なんやねんこの女は・・・と見ていて思いました。

大事な役なのに、もっといなかったのかなぁ・・・。
お金掛けてるドラマなのに、見つけられなかったのかなxあ・・・
*誰か女性タレントに似ている気がしているのですが、名前が出てこない!

 

トップレストラン50で、順位発表されて喜ぶ姿がオリンピック開催地が東京に決まった瞬間ぽかったですね!
(このトップレストラン50、2週に渡って行われましたが、あまり感情移入は出来ないというかハラハラドキドキはしない大会でした。
2週に渡ったことにより、この大会でランクインしなければ三つ星は取れない!みたいな、この大会の重要さが薄れてしまったのでしょうかね・・・?そして20位内に日本のレストランが入ったことがないのに、いきなり10位内に2つ入るというのは、なんでしょう、発表会場が日本だから日本に忖度してくれたんでしょうか、少し興ざめしてしまいました)

 

そして相沢の奥さんへの違和感を拭えないままドラマは終盤になってしまい、今日のグラメゾはパッとしなかったなと思っていたところで・・・
最後に沢村一樹さんの愛の怒りが爆発しましたね!

その沢村さんが愛の告白をする直前の、キムタクのセリフ「うん、そうか、う〜んそうか」がキムタクっぽくなくて2号的には非常に良かったですw

録画残っている人は見返してみて下さい!
2号のキムタクのイメージだと、少し小さい声で「はいはいはい、分かっったよしつけえなぁ」なのですが、キムタクも大人になりましたねヾ(´ε`*)ゝ

 

ということで、ここにきてキムタク、鈴木京香、沢村一樹の三角関係が始まってしまいましたね。(個人的にはどうでもいいのですが、このことでグランメゾン東京がバラバラになるのでしょうか(;^_^A)

それより、そもそも三つ星って取らなきゃいけないのかな?と、今回ふと思ってしましました。

 

PS 「ボナペテ」は、どうぞお召し上がりくださいという意味らしいのですが、

美味しかったとフランス語で言いたい時は、「セテボン」というらしいですよ\(^▽^)/

 
応援、よろしゅうたんのんます。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ